Skip Ribbon Commands Skip to main content

新製品発表 「M-CR612 音楽を愛するすべての人へ 定番オールインワン・ミュージックシステムがモデルチェンジ」を掲載



マランツは、ネットワークCDレシーバー「M-CR612」を2019年4月下旬に発売いたします。2008年発売の「M-CR502」以来、4世代目となる2015年発売の「M-CR611」に至るまで、世代を重ねるたびにデザインと音質を磨き上げ、最新のネットワーク機能を搭載してきた「M-CRシリーズ」がいよいよ第5世代へと進化します。

M-CR612は、従来のモデルに引き続きCDやFM/AMラジオ、Bluetooth®などのベーシックなソースをサポート。そして、現代のオールインワン・ミュージックシステムにとって最も重要なネットワーク機能を大幅に強化しました。新たにHEOSテクノロジーを搭載することにより、Amazon Prime Music / Amazon Music UnlimitedやAWA、Spotifyなどの音楽ストリーミングサービスに対応。セットアップと操作はHEOSアプリで快適に行えます。また「HEOS 1」、「HEOS 3」などのHEOSスピーカーをシステムに追加すればワイヤレス・マルチルーム環境を簡単に構築、どの部屋にいても好きな音楽を楽しむことができます。パソコンやNASなどのミュージックサーバーおよびUSBメモリーからのファイル再生では5.6MHz DSD、192kHz/24bit PCM (WAV / FLAC / Apple Lossless)に対応しています。さらに、インターネットラジオ、AirPlay 2、Bluetooth®など様々な音楽コンテンツを楽しむための機能も充実しています。Amazon Alexaによる音声コントロールにも対応しています。

M-CR612でAmazon Music、AWA、Spotifyをお楽しみいただくには有料プランのアカウントが必要です。

音質面では、スーパーオーディオCDプレーヤー「SA-12」と同様の超低位相雑音クロックを投入し、デジタル回路のより高精度な動作を実現しました。また、「PM-10」や「PM-12」などのプレミアムHi-Fiアンプの開発過程において蓄積されたノウハウを活用してパワーアンプの周辺回路を刷新。他の回路と共有していた電源回路をパワーアンプ専用とし、電源由来のノイズを大幅に低減しました。

バイアンプ駆動や2系統のスピーカー切り替えができる4chスピーカー出力を引き続き搭載しています。M-CR612では、バイワイヤ接続に対応していないスピーカーをお使いの場合でもより高音質な再生ができるように、新たに「パラレルBTLドライブ」機能を搭載。パラレルBTLドライブでは接続はシングルワイヤのまま、4組のアンプ全てを用いてスピーカーを駆動することが可能になりました。その結果、アンプのスピーカー駆動力の指標となるダンピングファクターは通常のBTLドライブに比べ約2倍に向上。中低域の量感と締まりを両立した低音再生を実現しました。

ヘッドホンアンプには新たにHDAM®-SA型のディスクリート高速電流バッファーアンプを投入して高音質化。さらに3段階のゲイン切替機能も搭載しました。MIMO対応2.4GHz / 5GHzデュアルバンドWi-Fi、日本語対応有機ELディスプレイ、クロック&アラーム機能など使いやすさを向上させる機能も豊富に備えています。

品名 品番 カラー 希望小売価格 発売時期
ネットワークCDレシーバー M-CR612 シルバーゴールド / ブラック 70,000円(税抜価格) 2019年4月下旬