Skip Ribbon Commands Skip to main content

フォトギャラリー >

ES7001
¥118,095
  • 反射音を利用せずに立体的な音響空間を実現するOPSODIS(オプソーディス)テクノロジー CINEMARIUM(シネマリウム) ES7001では、フロント サラウンド テクノロジーとして 英国サウサンプトン大学と鹿島建設株式会社が開発した立体音響再生技術OPSODIS(オプソーディス)を採用しました。人間は音を聞いた時に、その音の大きさ、高さ、音色だけでなく、その音が発生した方向や音からの距離などの空間的な情報も得ることができます。この音源の方向や距離、すなわち音像定位の手がかりには
  • 左右の耳に届く音の音量差。左右の耳に届く音の到達時間の差。頭や耳たぶなどで生ずる音の変化。
  • 等があります。上記の要素を考慮して開発されたOPSODISテクノロジーに基づく、独自のアルゴリズムで音声信号を処理することで、フロント・スピーカーだけでも音が後ろから聞こえるサラウンド効果や明確な音の移動感、そして音の包囲感などを得ることに成功。マランツが長年にわたり蓄積してきた高音質化技術とあいまって、他では体験できない、音に包まれるような立体音響空間を実現します。