Skip Ribbon Commands Skip to main content

ファームウェア・アップデート

​​

SR8012 ファームウェア・アップデート
平素はマランツ製品をご愛用頂き厚く御礼申し上げます。
製品をより快適にご使用いただけるよう最新のファームウェアをご提供させていただいております。

ファームウェアの改善内容


■ 2019/09/18

【バージョン:6461-9102-6102-0025】

  • (1)Amazon Music HD に対応しました。

■ 2019/08/21

【バージョン:6461-9102-6131-0025】

  • (1)Spotify フリーアカウントでの再生が可能になりました。

■ 2019/04/24

【バージョン:6461-5022-6141-5005】

  • (1)カスタムインストーラー向け仕様の品質改善を行いました。

■ 2019/04/17

【バージョン:6461-5022-6131-5005】

  • (1)eARC対応TVに接続した際のAuto Lip Syncに関する不具合を修正しました。
  • (2)Hide Input に関する不具合を修正しました。
  • (3)Amazon Music 操作画面の不具合を修正しました。
  • (4)HEOS Appに入力ソースアイコンを表示ができるようになりました。

■ 2019/02/06

【バージョン:6461-5243-6181-3094】

  • (1)新サラウンド規格「IMAX Enhanced」に対応しました。IMAX 専用オーディオ設定にも対応しています。
  • (2)NTFSフォーマットのUSBメモリー再生に対応しました。
  • (3)Online Music Service 表示操作の不具合を修正しました。
  • (4)HDMI ARC端子経由のデジタル音声信号処理において、HDMI CableのARCに関するパラメータ最適化を行いました。
  • (5)Web Controlメニュー で「General」「Network」操作に対応しました。

■ 2018/11/01

【バージョン:6461-9181-4131-1184】

  • (1)HDMI新規格e-ARCに対応しました。
  • (2)AAC1.0またはAAC1.1ch信号+特定のサラウンドモードで使用した場合の不具合を修正しました。
  • (3)Heightスピーカーを使用した7+4chセッティング+特定のサラウンドモードを使用した場合に発生する関する不具合を修正しました。
  • (4)Web Controlメニュー で「Audio」「Video」「 Input」「Speaker」に対応しました。

■ 2018/9/05

【バージョン:6451-3290-4191-6164】

  • (1)8/10にリリースしたAirPlay 2アップグレード対応を含むファームウェアをアップデートすると完了後、 設定項目が工場出荷設定に戻る、もしくは設定が変更されてしまうという不具合を修正しました。

■ 2018/08/10 追記

8/10-9/5までアップデートを中止しておりました。詳しくはこちらをご確認ください。


■ 2018/08/10

【バージョン:6451-0343-4191-6164】

  • (1)DTS Virtual:X に対応しました。
  • (2)ALLM(Auto Low Latency Mode)対応
    HDMI2.1の新機能高画質モードと低遅延モードを自動で切り替える“ALLM”に対応しました。
  • (3)Sharpness On/Offメニューを追加
    ビデオ信号を4Kにアップスケーリングする時に、画像の輪郭を強調するSharpness機能On/Offできるようになりました。
    GUIのVideo > Output Settingから選択可能です。
  • (4)Apple社のAirPlay2に対応しました。
  • (5)特定の音源を再生した時、Auro 3Dモードを選択するとノイズが発生した不具合を改善しました。
  • (6)HEOSスピーカーをグルーピングした際にノイズが発生する不具合を修正しました。
  • (7)HEOSスピーカーをグルーピングした際にHEOSアプリ上にHEOSスピーカーが表示されない不具合を修正しました。

■ 2018/07/03

【バージョン:6130-7251-2182-4154】

  • (1)プライバシーポリシーに関する変更を行いました。

■ 2018/05/31

【バージョン:6130-7251-2132-4154】

  • (1)HEOS スピーカーとのグルーピングが出来ないことがある不具合を修正しました。
  • (2)特定のFLACファイルが再生できない不具合を修正しました。
  • (3)Wi-Fiの信号強度がHEOS App上で最新の状況が更新されない不具合を修正しました。
  • (4)HEOS App上で間違ったBBSIDの値が表示される不具合を修正しました。
  • (5)ネットワーク上にあるHEOS機器検出方法の信頼性を改善しました。

■ 2018/02/15

【バージョン:​​6130-6271-2151-2144】

  • (1)HEOS アプリを使用してAmazon MusicのSearchが日本語検索で出来るようになりました。
  • (2)Wi-Fi通信時WPA2/WPA暗号方式を使用した時の脆弱性について修正を行いました。
  • (3)iOS端末でHEOSアプリをバックグランドから起動した時にアプリがHEOSデバイスを正しく認識できないことがあったので修正しました。
  • (4)iOS端末でHEOSアプリの表示に関して多言語翻訳が誤って表示されることを修正しました。
  • (5)今回のアップデートよりHEOSアプリの対象が、iOS8以降となり、それ以前のiOSにはアップデートサポートを終了します。
  • (6)Android 端末で、TuneInを選択できない場合がある不具合を修正しました。
  • (7)2台のAndroid 端末でHEOSデバイスを操作するとボリュームレベルが勝手に変更される不具合を修正しました。
  • (8)Android 8.0を使用した端末で画面が更新されず使用できない不具合を修正しました。
  • (9)Android端末で、HEOS アプリをバックグラウンド動作状態にして、1時間後に再度アプリを起動すると機器が制御できない不具合を修正しました。
  • (10)AVレシーバーとHEOSスピーカーをグルーピング設定/解除した後に音が出ない不具合を修正しました。
  • (11)USB再生時に特定の信号でサンプリングレートが表示されない不具合を修正しました。
  • (12)HEOS アプリのボリューム値を比率表示から絶対値表示に変更しました。
  • (13)Optical入力された音声が正常に再生されない不具合を修正しました。
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​