• さらに深く、さらにリアルに。ハイレゾリューションが描く、情熱と感動。さらに深く、さらにリアルに。ハイレゾリューションが描く、情熱と感動。レコードから、CDへ、CDから、データオーディオへ。ディスクメディアからデータへと形態を変化させながら、Hi-Fiオーディオは常にサウンドを進化させてきました.そしてついにスタジオマスター音源がそのまま再現できる「ハイレゾ」へ。
  • データオーディオの圧倒的な利便性と原音を忠実に再現するハイレゾの魅力。CDのフォーマットは「PCM方式。16bil/44.1kHz」に統一されていますが、データオーディオにはさまざまな形式があります。・般的な音楽ダウンロードで使われている手軽な11E縮青戸形式「MP3」、PCM方式の「WAV」や「AIFF」、また少ないデータ容量でPCM音質を実現した可逆圧縮方式の「FLAC」などです。データオーディオのメリットは、パソコンやNASで保管・管理が行え、ネットワークを介して自宅のどこからでも音楽の再生やコントロールが行える利便性です。そしてもう1つはCDを超える高解像度、いわゆる「ハイレゾ」です。ハイレゾとは、PCM 16hit/48kHz方式を越えるデータオーディオを指し、たとえば24bit/192kHzあればCDの約1000倍の解像度を持ちます。ハイレゾが革命的であるのは、アーティストやレコーディングエンジニアが録音の完成形として仕上げるスタジオマスター音源の多くがハイレゾであり、そのデータがそのまま自宅のHi-Fiシステムで再生できる点にあります。
  • 特性が異なるディスクとデータ マランツのアプローチ。音楽の録音メディアはアナログレコードからCD、SACD、そしてデータオーディオへと進化してきました。マランツは常に最新のメディアにおける「忠実な原音の両生」を日指し製品を開発。2010年にネットワークプレーヤーNA7001を発売し、2013年にはフラッグシップモデルNA-11S1を発売するなど、データオーディオの飯域でも最先端を走り続けてきました。マランツにおけるデータオーディオのアプローチは、「データとディスクでは、オーディオ特性が異なる」という考えかたに立脚しています。これは私たちがいち早くデータオーディオに取り組んだイノペーターであるからこそ到達することができたものに他なりません。そこには、CDやSACDなど従来のディスクメディで培ったHi-Fiオーディオ技術に加え、従来とは異なる特性を持つデータオーディオを高品位に再生するための、数々の新しい技術が注ぎ込まれています。
上矢印ボタン
下矢印ボタン