Skip Ribbon Commands Skip to main content

次世代3Dオーディオ技術「DTS:X」対応 無償ファームウェアアップデート実施のお知らせ

 







マランツは、2016年2月よりAVプリアンプ「AV8802 / AV8802A」、AVサラウンドレシーバー「SR7010」のサウンドモードに最新のオブジェクトオーディオフォーマット「DTS:X」を追加する無償ファームウェアアップデートを実施いたします。

DTS:Xは、従来のチャンネルベース方式のサラウンドサウンドに対し、音像の移動感を表現するオブジェクト信号を付加したサラウンドフォーマットです。オブジェクト信号に記録されている音声情報と3次元の位置情報を再生環境に合わせてリアルタイムに演算して出力する為、どのような再生環境でも最適化された豊かで臨場感あふれるサウンドをお楽しみいただけます。また、既存のオブジェクトオーディオを含まないオーディオ信号については「Neural:X」により、スピーカーの構成に応じて最適なアップミックスを行って再生します。

「NR1606」のアップデートにつきましては後日改めて発表いたします。


対象製品


ファームウェア公開日(税抜価格)


AV8802 / AV8802A


2016年2月4日


SR7010


2016年3月3日



※ 公開日は予定であり、予告なく変更されることがあります。ファームウェアアップデートに関する最新情報はこちらをご覧ください。
※ 最新のファームウェアが公開されると、電源をオンにしたときにGUIに通知メッセージを表示します。 通知メッセージは約40秒間表示されます。

ファームウェアアップデートを行うときのご注意
※ ファームウェアアップデートを行うためには、インターネットに接続できる環境と設定が必要です。
※ アップデートが終わるまで、絶対に電源を切らないでください。
※ アップデートを開始すると、完了するまで通常の操作ができなくなります。また、設定したパラメーターなどのバックアップデータが初期化される場合があります。
※ アップデートに失敗した場合は、本体の電源ボタンを5秒以上長押しするか、電源コードを挿入し直してください。ディスプレイに「Update retry」を表示し、アップデートを再試行します。それでも失敗が続く場合は、ネットワークの環境を確認してください。 ​​​​​​​​​
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​